福島の通販といったら「ふくしま市場」。福島のお中元、お歳暮などギフト商品が満載。

會津へあがらんしょ~ 3軒目


こんにちは!サクサクです。

もう12月ですね。・・・今年は私なりに遅いながらも駆け足した1年でした。

振り返ると皆さんはどんな1年でしたか?

年末で忙しいと思いますがどうぞお身体をご自愛くださいませ!

今日、福島市のお菓子屋さんと電話で話をしたら、福島は雪が舞い始めたと・・・聞きました。

會津へあがらんしょ~ 3軒目は飯盛山の参道入り口にあります会津さよ内の・・・・

*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆

会津鶴千代さんです!

皆さ~ん『絵ろうそく』ご存知ですか???

私はスタッフ唯一の福島県民ではありませーーーん!(肩身狭いっ)

ふくしま市場に従事して初めて知った商品でした。(知らない福島県民のスタッフについドヤ喋りしてる私)

ろうそくがこんなに奥深いなんて・・・・  会津 深イイ~~~満点!

まずは、絵ろうそくについて簡単にご紹介!

本来、花の咲かない会津の冬、花のかわりに仏壇に供えられた。

なんてステキな風習でしょう!だから、色鮮やかで季節ごとのお花が描かれているのですね!納得!

昔、昔の約500年前、当時の藩主、芦名盛信公が漆樹の栽培を奨励したことから始まった。

日本有数の漆樹の生産地となった会津では、樹液で漆器を、実からは「ろう」を作り、産業の基盤とした。

その後、蒲生氏郷公の代になり、他方より優れた技術者を会津に招き、ろうそくの改良が熱心に進められ、

会津絵ろうそくは産業として確立されたのでした!

鶴千代さんの代表、伝統の絵柄としては「南天福寿」があります。

会津絵ろうそく南天福寿5号  こちらをクリック 15.6cm 2本組

少し大きめは15号こちら・・・・

会津絵ろうそく南天福寿15号 ←こちらをクリック 19.5cm 2本組 

こちらも買ってね・・・・赤と黒のコンビネーションが情熱的!クリスマスにも和テイストを!

会津ぬり 絵ろうそく   ←こちらをクリック 15.6cm 2本組 

話は戻って・・・

江戸時代、時の将軍徳川綱吉公は生来体が弱く多くの難題を抱えており、会津藩は綱吉公に何か気の利いた献上

品をと難を転じて福と成すの意を込め、南天と福寿草を描いた絵ろうそくを贈りました。ろうそくは縁起が悪いとい

われるが、綱吉公はその心遣いを大変喜んだのでした!このことから、会津絵ろうそくの名が広まりました。

*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆*☆

会津鶴千代さんでは、伝統ある会津絵ろうそく作りの技を守り、さらに新しい感覚を加え、ろうそくの芯から一本一本

心をこめて会津絵ろうそくを作っています。

歴史の炎を燃やし続ける会津絵ろうそくのやさしい灯りを、ぜひ灯してみてほしい。・・・・私も同感です!

年末年始の帰省のお土産にもオススメ!

買ってうれしい!もらってうれしい!商品いっぱいの・・・・・

ふくしま市場へ  ↓こちらをクリック↓

 http://www.fukushima-ichiba.com

雪降る会津に旅したい・・・そして美味しいものいただきたい・・・・ ささやかな願いを抱きながらがんばります!

 

 

関連記事

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

カレンダー

2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

カテゴリー

アーカイブ